• 日本語
  • English
千駄ヶ谷インターナショナルクリニック Sendagaya International Clinic

千駄ヶ谷駅から徒歩3分、予約優先の一般内科診療の他に旅行外来(トラベルクリニック)およびバイリンガルスタッフによる受付から会計まで対応した外国人診療を行っているイブニングクリニックです。

ワクチンで予防できる感染症 各項目をクリックしてください

▍ダニ脳炎について重要ポイント

  • ダニ媒介性脳炎の感染を防ぐには、まずマダニに刺されないことが大事です。
  • 中部ヨーロッパ脳炎やロシア春夏脳炎にはワクチン接種が有効です。

▍ダニ脳炎を予防するには

マダニが生息する森林に入る場合、長袖や長ズボンを着用し、サンダルではなく靴を履くなどして肌を露出させないでください。DEET成分30%以上の虫よけ剤やインセクトシールド(忌避剤を染み込ませた防虫ウエア)も有効です。
中部ヨーロッパ脳炎やロシア春夏脳炎にはワクチン接種が有効です。

※出発まで時間がない方には、1回目接種から7日後に2回目接種、21日後に3回目接種、1年後に4回目接種を行います。

予防接種をご希望の方は、こちらからご予約ください。

▍ダニ脳炎とは(兆候・症状)

感染後7~14日後に発熱があります。頭痛や悪心、筋肉痛などを伴う熱が2~7日ほど続きます。その後一時的に症状がなくなって7日後くらいに、めまいや昏睡、自立神経失調が起きたり、光が異常に眩しく感じたり、歩くことができなくなるなど、髄膜炎や脳炎の症状が出る場合があります。

▍ダニ脳炎の感染原因(発症地域)

特にロシア、チェコ、ラトビア、リトアニア、ドイツ、エストニア、スウェーデン、スイス、オーストリア、フィンランドなどで多く発生しています。