• 日本語
  • English
千駄ヶ谷インターナショナルクリニック Sendagaya International Clinic

千駄ヶ谷駅から徒歩3分、予約優先の一般内科診療の他に旅行外来(トラベルクリニック)およびバイリンガルスタッフによる受付から会計まで対応した外国人診療を行っているイブニングクリニックです。

ワクチンで予防できる感染症 各項目をクリックしてください

▍A型肝炎について重要ポイント

  • 水、生もの、貝類などの摂取で感染するため予防が困難です。
  • 予防にはA型肝炎ウイルスワクチンの接種が大切です。
  • 生ものは避け、十分に加熱したものを摂取しましょう。
  • インドやアフリカ、東南アジアなどで、A型肝炎感染リスクは高い傾向が見られます。

▍A型肝炎を予防するにはA型肝炎予防のポイントは2つあります。

① A型肝炎ウイルスワクチン

3回の接種でほぼ100%抗体ができます。
2013年3月、国内では16歳未満への接種も承認されました。ただし、WHOは1歳以上の接種を推奨しています。一般的には小児は感染しても重症化しません。

※出発まで1~3ヶ月しかない方は、初回接種から2週間後に2回目接種のみを行います。
予防接種をご希望の方は、こちらからご予約ください。

② 飲食物

東南アジアやアフリカ、その他のA型肝炎流行地域では、食べ物や水などがA型肝炎ウイルスで汚染されている恐れがあるので、十分に加熱したものを食べ、生ものは控えてください。

▍A型肝炎とは(兆候・症状)

A型肝炎はA型肝炎ウイルスに感染することにより発症する急性肝炎です。
感染してから2~6週間後、発熱、全身の倦怠感、食欲不振、嘔吐、下痢など、風邪によく似た初期症状が出ます。症状が進むと黄疸が起こります。

▍A型肝炎の感染原因(発症地域)

A型肝炎感染原因は次のとおりです。

  • ヒトからヒトへの直接接触
  • 汚染された水や氷、または汚染された水域で採れた貝類の摂取
  • 汚染された果物や生野菜などの摂取

インド、インドネシア、カンボジア、韓国、中国、ミャンマー、タイ、フィリピンなど、アジア諸国での感染が全体の約9割を占めます。国内での感染は生牡蠣シーズンの1~3月の冬場に増えますが、海外での感染は春季や夏季に増加する傾向がみられます。
1970~1980年代前半まで、40歳以上の日本人の多くはA型肝炎の抗体を持っていましたが、近年は50歳未満の抗体保有者は全体の2%まで低下しており、年齢に関係なくA型肝炎に掛かるおそれがあります。