• 日本語
  • English
千駄ヶ谷インターナショナルクリニック Sendagaya International Clinic

千駄ヶ谷駅から徒歩3分、予約優先の一般内科診療の他に旅行外来(トラベルクリニック)およびバイリンガルスタッフによる受付から会計まで対応した外国人診療を行っているイブニングクリニックです。

ワクチンで予防できる感染症 各項目をクリックしてください

▍B型肝炎について重要ポイント

  • 血液、血液製剤、体液との接触で感染し、1~6ヶ月の潜伏期間の後発症します。
  • 予防にはB型肝炎ウイルスワクチンの接種が有効です(一般と母子感染予防では接種方法が異なります)。

▍B型肝炎を予防するには

B型肝炎ウイルスワクチンは、1回目の接種から1ヵ月後に2回目を接種し、1回目から約5~6ヶ月後に3回目を接種します。

※出発まで時間がない方には、1回目接種から1週間後に2回目接種、3週間後に3回目接種を行います。
予防接種をご希望の方は、こちらからご予約ください。

予防接種をご希望の方は、こちらからご予約ください。
母子感染予防の接種については、メールか電話でお問い合わせください。

▍B型肝炎とは(兆候・症状)

B型肝炎はB型肝炎ウイルスに感染することにより発症します。B型肝炎ウイルスの潜伏期間は30~180日です。一般的に感染してから30~60日経つとウイルスを検出できますが、検出可能な期間には幅があります。感染初期は症状が出ないことが多い一方で、黄疸や暗い黄赤の尿、激しい倦怠感、吐き気、嘔吐、腹痛などの症状が数週間続く場合もあります。B型肝炎ウイルスが肝臓に慢性的に感染すると、肝硬変や肝がんに進展することがあります。

▍B型肝炎の感染原因(発症地域)

B型肝炎ウイルスはA型肝炎ウイルスとは異なり、汚染された食物や水によって感染することはありません。
B型肝炎ウイルスは、血液や血液製剤、精液などの体液の接触で感染します。次のような行為は、感染の可能性を高めます。

  • コンドームを使用しない性的接触
  • 注射針や注射用器具の共用
  • B型肝炎ウイルス抗体スクリーニングが行われていない血液や血液製剤の輸血
  • 血液に触れる可能性がある仕事(医療、歯科、臨床検査現場など)
  • 血液で汚れた針を使用した歯科処置や医療処置、入れ墨、ボディピアス
  • 皮膚や粘膜にある傷への汚染された血液の接触

特に西アフリカで流行しており、東アフリカや南部アフリカ、北東・東南・中央アジアでも多く見られます。